SOLEIL DENTAL CLINIC ソレイユデンタルクリニック
  • 日曜診療
  • 各種保険取扱い

お電話でのご予約はこちら 03-6421-8834

ご予約・お問合せはこちら

精密治療

精密治療について

口の中は暗くて狭いため、患部が見づらいということは珍しくありません。
そのような状況で虫歯治療を行なった場合、下記のようなことが起こる可能性があります。

肉眼でみただけでは難しいケース

  • 1

    初期虫歯は患部の変化がほとんど見られないため、虫歯であることを見逃してしまう。

  • 2

    患部を削るとき、患部の周りの健康な部分まで削ってしまう。または削るべき部分を削り残してしまう。

  • 3

    歯と補綴物との間に見えない大きな隙間をつくってしまい、そこに細菌が溜まり虫歯や歯周病の原因となる。

マイクロスコープ 通常、虫歯は肉眼で治療を行ないますが、その場合、歯科医師の経験や勘に頼る部分も大きくなります。しかしそれでは上記のようなマイナス面を改善することはできません。

そこで有効なのがマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)です。精密治療は、このマイクロスコープを使って肉眼では見えない細部を最大20倍に拡大して見ながら行ないます。それにより精度の高い治療を最小限の侵襲で行ない、患者様の負担を軽減できます。

当院では、自費診療の治療にマイクロスコープを使い、より細かくていねいな治療を行なうことを心がけています。

根管治療について

根管治療は、歯根(歯の根)の中にある根管(神経や血管の束である歯髄が通っている管)の治療を行なうことです。虫歯が悪化して細菌が根管に侵入し、歯髄にまで及ぶと、その歯は抜歯する必要性が出てきます。抜歯を避けて歯を残すために、根管内の汚染された歯髄を取り除いて洗浄・除菌を行ない、隙間なく薬剤を充填して密封します。

根管は非常に細く、湾曲や枝分かれがあるなど複雑なつくりになっています。しかも肉眼で見ることはできません。そのため治療は非常に困難になり、時間を要しますが、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使うことで、細部を確認しながら治療を進めることができます。

根管治療をていねいに行なわなかった場合、歯根が再び炎症を起こして根尖病巣(歯根先端の膿の袋)ができ、再度根管治療を受ける必要性が出てきます。しかし最初から丁寧に行なっておけば、たとえ重度の虫歯であっても、抜歯せずに歯を残すことができます。そのためにも、マイクロスコープを使っての治療は非常に大切であり、根管治療には必要不可欠な機器となっています。

根管治療について

虫歯の検査

虫歯の検査 初期虫歯は、エナメル質(歯の表面)が溶かされて白く濁った状態ですが、患部の目立った変色がないため、虫歯であることにはなかなか気づきません。

しかし、この段階であれば特別な歯科治療をすることなく、再石灰化(溶け出したエナメル質が修復される作用)が期待できます。

肉眼でこの段階の虫歯を発見するのは困難ですが、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使えばすぐに発見することができます。

当院では、「外見に異変がなくても、初期段階で虫歯に気づいて治療の負担を減らしたい」という方を対象に、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した虫歯検査を行なっています。 検査をご希望の方は、お気軽にお申し付けください。

マイクロスコープによる治療時間について

肉眼で見ることができない部分の治療の際に、経験や勘を頼りに治療を進めた場合、度重なる微調整や効率の悪い治療をすることで無駄な時間を費やすことにつながります。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した治療では口の中を拡大して見ることで、どのような歯科治療も効率的かつ、難しい治療ほど精密な治療が可能になり、治療時間の短縮による患者様の負担を軽減することができます。

しかし、一般的な虫歯や詰め物・被せ物の治療の場合、細部まで丁寧に作業を行うため1回の治療時間が長くなる場合もございますので、マイクロスコープによる治療をご希望される際は、事前にご相談ください。

pagetop